• ブラジル solidário 横浜

★☆Viva! 111 de Yokohama イベントまであと9日!★☆北海道でブラジル文化を幅広く広める若本香織さん

今回は物販スペースに出品してくださる北海道の若本香織さん。ご本人は現地での活動のため、イベント当日はいらしゃいませんが、アマゾンから取り寄せた物品を提供してくださいます。北海道では、ブラジル音楽家でもあり、ダンサーでもあり、ブラジルイベントの企画運営を精力的にされております。今回初のブラジルsolidário横浜とのコラです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ブラジルパラ州トメ・アスー梅澤農園自然栽培黒コショウ・カカオ ダイレクトフェアトレード

ブラジル音楽ミュージシャン・サンバダンサー

WEBクリエイター

若本香織

2001年、日本ブラジル交流協会留学研修生としてブラジル初めてブラジルを訪れ、ブラジルの日系社会に感銘を受ける。

帰国後は、言葉も環境も文化も異なる地球の反対側の国で日本人がゼロから仕事を作り出して命をつないでたくましく生きていることに刺激を受け、「自分にも何かできることを見つけて仕事をして見よう。」と思い立ち、留学研修時代に始めたWEBの分野の仕事で独立、ブラジルと北海道を行き来し、2011年には研修時代から惚れこんでいたトメ・アスーの黒コショウの輸入販売をはじめる。

取扱うのは、52年前北海道で農業指導を受けトメアスーに移住した梅澤さんが奥様と2人で作る自然栽培の黒コショウとカカオ。

毎年トメアスーの農園を訪ね、本音で話し合ってフェアトレードを続けている。

トメアスーでは、収穫して農園で天日干しした黒コショウとカカオを郵便局運び、自宅の札幌まで郵送。

日本では、輸入手続きを行い、検品を行いながら自らデザインしたパッケージで商品化している。

販売のほとんどは、自信が行っているブラジル音楽のライブやイベントでの手売り。

日本のお客様の直接の反応を、ブラジルの梅澤農園さんに伝えることが、大切な作物を扱うことへの一番の勉強であることと、販売を通して日本人アマゾン移民の歴史やアマゾンの森林農法について伝えることを大切にしたいからだ。

今年で8年目。ほとんど宣伝もしていないが、語り広めてくださるリピーター様が全国に増え、現在はネットショップでも購入いただけるようにしている。

また、今年北海道ブラジル移住100年を記念して、北海道をブラジルを日本語とブラジルで歌うサンバを製作し、北海道ブラジル協会に記念式典記念品として500枚のCDを寄贈。サンパウロでの記念式典でサンバショーを行い、北海道とブラジルを音楽でつなげるプロジェクトに挑戦。北海道で行われた札幌サンバカーニバルのテーマソングにも選ばれ、北海道ブラジル移民100年を祝福した。

Pimenta Brasil ピメンタブラジル ヤフーショッピング

◆自然栽培黒コショウ トメアスー梅澤農園

◆自然栽培カカオ トメアスー梅澤農園 ローチョコレート

◆北海道ブラジル移住100年記念アルバムCD

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

Viva! 112 de Yokohama みんなで祝おうブラジル日本移民112周年!!

ブラジル日本移民112周年を多くの移民を送り出した横浜から祝うと共に、 190万人となったブラジル日系人に思いを馳せ、日本とブラジルの友好と連携に心を刻む機会とします。 COVID-19で多くの感染者を出しているブラジル本土及び日本在住で仕事を失っている日系ブラジル人達を励ましていくイベントとなります。 2020年9月20日(祝・日) 第1部 シンポジウム  10:00-11:30  ワールドポ