• ブラジル solidário 横浜

フードバンクかながわ様 利用報告

ブラジルソリダリオ横浜に協力をいただいているフードバンクかながわ様2020年10月30日現在の利用についてご報告します


対象期間 2020年7月1日~2020年9月30日

フードバンクかながわ リンク 

受領した 受領した 利用者などへの

食品の分類 食品個数(KG) 配布数(KG)

■お米 550.5kg 549kg

■主食 103個 85個

■副食 212個 168個

■菓子・嗜好品 5個 3個

■その他・飲料 446個 335個

フードバンクかながわに対する提供食品利用者の声や団体からの意見・要望等


1.コロナ禍による収入言減で生活が厳しい中、非常に助かっています。生活が安定したら今度は自分が恩返しを少しでも出来たらなと思います。


2.2人目の子供が生まれて間もなくコロナ禍になり、夫の残業時間もほとんどなくなってしまいどうしようかと思っていた最中に助けていただき本当に感謝です。寄付をしてくださった方や企業さんにもお礼が言いたいです。


3.私たち団体は、日本に住む日系人や外国人の方々を中心に食料をお届けしますが、コロナ禍のため本当に多くの方が職を失い食べるのにも困っています。この一年でおさまるかと思っていたのですが、その状況はいっこうに好転しておりません。終わりの見えない中ですが、今後も引き続き、宜しくお願い致します。

27回の閲覧

最新記事

すべて表示

特定非営利活動法人 ブラジルSolidário横浜となりました。

私達は、 特定非営利活動法人 ブラジルSolidário横浜 となりました。 2018年、日本からブラジルへの移民開始110周年を祝うため、横浜市民の有志が集まり実行委員会形式で開催された「VIVA!110」。 これを切っ掛けに2019年5月1日に任意団体として「ブラジルSolidário横浜」は発足いたしました。 その後「VIVA!111」を開催。その際に同様の活動を行なっていた「特定非営利活動

Viva! 112 de Yokohama みんなで祝おうブラジル日本移民112周年!!

ブラジル日本移民112周年を多くの移民を送り出した横浜から祝うと共に、 190万人となったブラジル日系人に思いを馳せ、日本とブラジルの友好と連携に心を刻む機会とします。 COVID-19で多くの感染者を出しているブラジル本土及び日本在住で仕事を失っている日系ブラジル人達を励ましていくイベントとなります。 2020年9月20日(祝・日) 第1部 シンポジウム  10:00-11:30  ワールドポ